賃貸管理を任せたいのならサークルホームがおすすめ|信頼できる会社

穴場で行う不動産投資

貯金箱

需要と供給のバランス

不動産投資は東京が中心に展開されていることが多く、東京以外での不動産投資は需要が少ないため、リスクが高いといわれています。その理由は人口の増減です。日本で第二位の都市といわれている大阪でも人口の流出は止まらず、人口の減少が相次いでいるのです。日本で唯一人口が増加しているのが東京です。そのため不動産投資を行うのであれば、一番需要の高い東京で行う事がリスク回避のためにも得策であるのです。しかし東京は需要が多いとともに、供給量も多くなりつつあります。収益物件を東京で持つ人が多くなっているからです。不動産投資は長期的視野でみることが大事なポイントです。今後就数年経過した段階で、同じ収益物件としての価値を見出せるかがポイントになります。

東京にはないメリット

東京では供給量を需要量を上回る可能性が高くなっているのです。そのため、収益物件を東京以外に都市で購入することが望ましいという考え方もあります。候補として大阪や名古屋などが挙げられます。特に大阪では人口の流出はトータル的なものであり、都心部では人口が増加しているのです。そのため、都心部での不動産投資は、大阪でも十分に成果を出すことができるのです。収益物件の価格でも大阪は有利になっています。不動産価格は安く購入できるのに対して家賃水準は東京とあまり大差ありません。そのため、大阪で不動産投資を行うと利益率が高いメリットもあるのです。まだ不動産投資を行っている人も少ないため、ライバルが少なく収益を出しやすいのです。