賃貸管理を任せたいのならサークルホームがおすすめ|信頼できる会社

長期転勤時の自宅活用法

男性

専門事業者に運営を委託

海外赴任などで自宅を長期間留守にする人からよく聞かれる言葉に、「自分たちが住んでいない間だけ家を誰かに貸したい」というのがあります。こうした要望に対しては、以前は勤務先の会社等が社宅として借り上げるという利用法がよく行われていました。ただ、これだと利用対象者が限られることから、うまく需給がマッチしないという課題がありました。そのため最近では、リロケーションという専門サービスを利用することで、効率的な留守宅の活用を図る手法が人気を集めています。外部の事業者に依頼することで入居者を広い範囲から集めやすくなるうえ、プロフェッショナルによる質の高い物件管理が期待できるというのが人気の理由となっています。

遊休資産が収入減に

リロケーションは本来は引越しに伴う総合的なサポートサービスを指す言葉ですが、わが国ではもっぱら留守宅の管理サービスを意味するものとして定着しています。リロケーションサービスでは、定期借家制度というシステムを活用します。これは、一般の借家契約と異なり契約期間を自由に設定することができ、しかも更新は行わないという賃貸借の手法です。これによって、住人が不在の間だけ期間限定の賃貸住宅として運営できるのです。リロケーションを利用する最大の目的は、遊休資産の有効活用です。留守宅から発生する家賃収入は家計の助けになりますし、返済中のローンの原資にすることもできます。また、空き家のまま放置された住まいは傷みが早く、劣化しやすいと言われています。そのため、不在の間誰かに利用してもらうことで、住宅の寿命を伸ばすことができるというメリットも生まれます。